電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 木古内・福島・松前で ウニ移植し身入り向上

新聞記事

木古内・福島・松前で ウニ移植し身入り向上

2017年02月13日

 道南の木古内・福島・松前の3地区で、地元漁協や自治体などが連携しキタムラサキウニを漁港内に移植して身入りを向上させる取り組みを開始する。来年度からの2カ年計画で、漁村地域の活性化を図るモデル実証事業として実施。高齢化が進む漁業者の所得向上を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る