電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 「漁師カレッジ」6月開講 担い手の不足深刻

新聞記事

「漁師カレッジ」6月開講 担い手の不足深刻

2017年01月01日

 漁業の担い手不足が全国的に深刻化する中、宮城県は6月、確保・育成を目指し「みやぎ漁師カレッジ」の開講を予定する。7カ月ほどの研修とその後の国の支援事業により、新規就業者を増やす。一方、1月29日には石巻市の事業により東京で「水産業リクルートフェア」が開催される。民間では定置漁業・大友水産㈱(東松島市)が3人を育成中で注目される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る