電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城北部 ワカメ「北種」不足か

新聞記事

宮城北部 ワカメ「北種」不足か

2016年11月07日

挟み込まれる塩釜種は芽が伸びてそろい、雑藻付着も見えず出来は良い(戸倉地区)

 宮城県北部でワカメ種苗の挟み込み(種挟み)作業が始まった。「塩釜種」の出来が例年以上に良く、地種の不作を補う浜が多くなっている。浜、人によってはこれから入る「北種」の不足が深刻になりそうだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る