電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > オ海前年割れか/噴火湾2~3割減

新聞記事

オ海前年割れか/噴火湾2~3割減

2016年01月01日

 ことしのホタテ生産見通しを道漁連の大谷内優営業第一部長に聞いた。オホーツク海の水揚げは前年割れで、玉冷相場は輸出中心の高水準継続を示唆。噴火湾は2~3割減を予測し、ボイル生産量は最低でも1万トン以上を確保したい考え。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る