電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城北部が不漁 稚魚放流数が反映か

新聞記事

宮城北部が不漁 稚魚放流数が反映か

2015年11月09日

南三陸町市場の秋サケ現場入札(3日)

 宮城県北部の秋サケが不漁だ。南三陸町市場の水揚げは10月末まで、刺網が前年同期の半分、定置は7割弱。刺網業者は「サケがいない」と口をそろえ、これから盛漁期を迎える定置業者は手応えをつかみかねている。買受人は集荷に頭を痛め、思うように在庫できない。大震災後の稚魚放流が要因との見方がある。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る