電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 十勝産塩づくり/水産加工品に使用、付加価値高め

新聞記事

十勝産塩づくり/水産加工品に使用、付加価値高め

2015年10月05日

 十勝管内の漁協、水産加工業者、商工団体などが連携し、昨年度から地場産の塩づくりに取り組んでいる。水産加工品などの味付けに使用。素材から調味料まで「100%十勝産」で付加価値を高めていく狙いだ。
 「十勝産しお創りプロジェクト」と銘打って、中小企業庁の補助事業を活用し、製塩の事業化に向けた調査研究を実施。帯広商工会議所、広尾町と大樹町の商工会、帯広信用金庫を中心に、広尾漁協、帯広市の牧野水産(株)、広尾町の鏑木水産(株)、(有)工藤水産などの水産関係者も参画している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る