電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手ウニ 活発化へ、身・値よく

新聞記事

岩手ウニ 活発化へ、身・値よく

2015年06月01日

6年ぶりのウニ開口となった大船渡湾内の出荷、計量(5月26日、赤崎)

 岩手県のウニ漁が活発化に向かう。大船渡湾内での6年ぶりの開口(出漁)に続き、6月からは気仙、宮古両地区の期間入札浜や九戸地区でも開口が始まる見通しだ。昨年に比べ身入りと色は全般的には良く、ここまで好値を保っており、活発化に期待がかかる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る