電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手・田老町漁協 ガゴメで風評対策

新聞記事

岩手・田老町漁協 ガゴメで風評対策

2014年07月14日

銀河養殖協業体が収穫したガゴメコンブの洗浄

 岩手県宮古市の田老町漁協(小林昭榮組合長)管内で5日、養殖ガゴメコンブの収穫が行われた。干し加工後、同漁協が買い取りとろろ昆布で製品にする。福島原発事故の風評被害でボイル昆布が特に関西圏で売れなくなり、この対策としてガゴメが浮上。組合員漁家の収入維持、安定を狙う。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る