電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 秋サケ流通対策 国内と輸出両軸

新聞記事

秋サケ流通対策 国内と輸出両軸

2014年07月14日

 秋サケの消流は、親製品が円安を背景に輸出が復調、国内も輸入物の搬入減、市況上昇で順調に推移。一方、魚卵製品は製品高による消費の低迷や供給量の増加で消化が鈍く、消費回復に向けた価格修正が焦点。北海道の秋サケ業界は本年度も引き続き、生鮮対策、魚卵製品を中心とした国内対策、原料、製品の輸出対策を強化する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る