電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 毛ガニ資源、次世代へ

新聞記事

毛ガニ資源、次世代へ

2022年06月13日


 毛ガニの漁獲資源の増大・安定に向け、オホーツク管内栽培漁業推進協議会ケガニ部会(部会長・片山隆市雄武漁協組合長)は今年度から種苗生産技術の確立に向けた研究に乗り出した。短期・中期・長期の目標を設定。研究第一人者の市川卓准教授ら東京農大生物産業学部海洋水産学科と共同研究。初年度はふ化幼生を安定的に確保するための抱卵メスの管理方法の確立を目指し、抱卵メスの入手とその効率的な利用方法などを検討していく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る