電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 豊洲ナンバンエビ連休直前の恩恵薄く

新聞記事

豊洲ナンバンエビ連休直前の恩恵薄く

2022年05月02日

資源減少が懸念されているナンバンエビ


 東京・豊洲市場の北海道産ナンバンエビ消流は、需要期の大型連休直前でも引き合いが低調だった。鮮やかな発色が1日しか続かないため在庫が難しく直前の平日に入荷する飲食業者は少なかった。一方、荷受と仲卸は入荷量の減少から資源の低迷を懸念している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る