電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 成熟誘導で早期種苗生産へ

新聞記事

成熟誘導で早期種苗生産へ

2022年04月25日


 道総研函館水産試験場が試験的に取り組む、成熟誘導(人工的に子のう斑を形成させる技術)を用いた早期生産種苗のマコンブ養殖。通常の促成マコンブより採苗・沖出し時期を前倒しできるため、成長が早く、形態や歩留まりに優れたコンブの収穫が期待できる。昨季は連携する戸井漁協小安地区で良好な結果が得られ、今季から近隣の浜にも普及、漁業者の関心も高まっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る