電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 真ツブ内需低迷

新聞記事

真ツブ内需低迷

2022年03月07日

入荷が少ない真ツブ


 東京・豊洲市場の真ツブ消流は国内の引き合いが低迷している。赤潮が発生した北海道太平洋沿岸の水揚げが伸びず、入荷量が乏しく、高値基調が続いているのが影響。コロナ禍が長引き、仲卸業者らは「飲食店からの当日注文は少ない。ヒモ付きでなければ売れない」と異口同音。一方で、上級グレードの荷動きは富裕層が多い香港などアジアへの輸出に傾斜している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る