電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道総研、痩せウニの養殖技術開発へ

新聞記事

道総研、痩せウニの養殖技術開発へ

2022年03月07日


 道総研は2022年度から日本海沿岸に存在する身入り不良の未利用ウニに秋から人工餌料を与え、国産ウニが品薄高値となる冬に出荷できる養殖技術の開発に新たに取り組む。研究期間は24年度までの3カ年。開発技術の活用で、日本海の漁業生産額が現行の7億7千万円から11億7千万円へ増加を見込んでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る