電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 羅臼漁協移殖・コンブ給餌で「痩せウニ」身入改善へ

新聞記事

羅臼漁協移殖・コンブ給餌で「痩せウニ」身入改善へ

2021年08月09日


 羅臼漁協のうに漁業部会役員は今年、痩せウニ(エゾバフン)の身入り改善試験に乗り出した。6月にウニ2トン弱を松法漁港近くの囲い礁に移殖。餌にはコンブの根部分を確保し7月中旬に給餌を開始、今後定期的に行い成長を促進させる。濱田久吉部会長は「採るばかりでなく育てることも重要」と話し、前浜資源の有効活用を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る