電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 秋サケ供給過少で在庫低位

新聞記事

秋サケ供給過少で在庫低位

2021年07月12日


 北海道産秋サケの消流状況は、親製品が水揚げ不振による供給過少と内食向け需要の増加で在庫水準は低位だが、安定供給のチリギンとの売り場競合が激化。いくら製品は国産に加え、輸入卵も不漁で供給減から高値に張り付いているものの、今年豊漁予想のロシア・アラスカのマス子が焦点。今期もコロナ禍に伴う消費動向の変化、水揚げ回復時に向けた売り場の堅持が引き続き課題となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る