電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オホーツク海南部本操業スタート

新聞記事

オホーツク海南部本操業スタート

2021年06月14日

本操業に入った常呂漁協の荷揚げ作業(6月9日、常呂漁港)


 オホーツク海沿岸の本操業は、6月に入り南部8単協(雄武・沙留・紋別・湧別・佐呂間・常呂・網走・西網走漁協)が全てそろった。紋別、湧別は日産250トン前後で開始。各浜で歩留まりが13%程度まで上昇。漁場造成でも大型組成がキロ100円台を付けたため、今後のアソートに期待が膨らんでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る