電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾ボタン薄漁、大は高値に

新聞記事

噴火湾ボタン薄漁、大は高値に

2021年04月26日

ボタンエビの選別作業(4月20日、砂原漁港)


 渡島噴火湾のエビかご春漁が振るわない。3単協(砂原・森・落部漁協)とも1隻日量数十キロと苦戦しており、3月後半から2~3日留めの操業が続いている。組成は中主体。浜値は大がキロ5千円台と堅調。着業者は「高値でも数量が少な過ぎてカバーできない。リリースの小エビが薄く秋漁も心配」と気をもんでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る