電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 船越湾漁協、組合員待望の製氷・貯氷施設が完成

新聞記事

船越湾漁協、組合員待望の製氷・貯氷施設が完成

2021年03月29日

根氷を防ぐのが特長の新製氷・貯氷施設


 岩手県山田町の船越湾漁協(湊謙組合長)が船越漁港内に建設を進めていた製氷・貯氷施設が完成した。4月の漁操業を機に本格稼働させる。旧施設は1977年製で、東日本大震災では搬送コンベヤーが被災。以後現在まで、漁船まで氷を人力で運ぶなど不自由を余儀なくされていた。それだけに新たな施設の完成に関係者は喜び、その活躍に大きな期待を寄せている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る