電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 日高西部毛ガニ苦戦

新聞記事

日高西部毛ガニ苦戦

2021年03月08日

かご入りが遅れた毛ガニの荷揚げ作業(1日、厚賀漁港)


 1月15日に解禁した日高西部海域(門別~冬島)の毛ガニ漁は苦戦を強いられている。特に序盤のかご入り不振とシケが響き、2月末現在で前年同期の4割。2月中旬から日量が序盤より上向き、浜値も昨年より好値を維持しているものの、餌代などコストが重く、厳しい操業が続いている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る