電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城産乾のり初入札、コロナ禍も高値維持

新聞記事

宮城産乾のり初入札、コロナ禍も高値維持

2020年11月23日


 宮城県産乾のり「みちのく寒流のり」の今季初入札会が19日、県漁協塩釜総合支所・乾のり集出荷所であった。2166万枚が上場され、100枚当たりの平均単価は1343円。新型コロナウイルスによる需要低迷などを受け、昨季を293円(18%)下回ったが高値を維持した。生育はおおむね順調。来年2~3月に出荷の最盛期を迎え、4年ぶりとなる4億枚超えを目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る