電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 青森市の塩谷魚店と平内町清水川の漁業者が「越冬真鯛」でタッグ

新聞記事

青森市の塩谷魚店と平内町清水川の漁業者が「越冬真鯛」でタッグ

2020年11月02日

塩谷魚店に運ばれたマダイ


 青森市の(有)塩谷魚店(塩谷孝社長)が10月~11月初旬の季節限定で販売する「越冬真鯛」が好評だ。平内町漁協清水川支所のホタテ養殖漁業者とタッグを組み、漁業者が釣り上げたマダイを活じめ・神経じめ処理し関東・関西の顧客に提供。「活魚は体力の回復が肝心要」と話す塩谷社長が鮮度保持の手順を指導しており、漁業者と二人三脚で付加価値を高めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る