電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 三陸サンマは続く不漁、小ぶりで高値

新聞記事

三陸サンマは続く不漁、小ぶりで高値

2020年09月28日

水揚げされたサンマ。漁獲量は少なく、サイズも小さい(23日、大船渡市魚市場)


 三陸の浜がサンマの漁獲不振にあえいでいる。9月23日現在、水揚げがあるのは岩手県大船渡のみ。宮古や釜石、隣県宮城の気仙沼や女川の各港に至っては、いまだに初水揚げがない。漁場が遠ざかり、品薄の影響で小ぶりな魚体にも高値が付く状況に「買値が売値を上回って逆ざやになってしまう」と嘆く鮮魚卸もいる。資源量の低下や海洋環境の変化が指摘される中、事態が好転する兆しはなかなか見えないが、関係者は加工など産業の裾野が広いサンマ漁の盛り返しに期待する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る