電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 船舶ロボで給餌に活用 。本格発売へ

新聞記事

船舶ロボで給餌に活用 。本格発売へ

2020年09月14日

給餌作業などを自動化するマリンドローン。水産以外に保安や観光目的の活用も想定


 ロボット開発・製造の炎重工(株)(岩手県滝沢市、古澤洋将社長、電話019・618・3408)は、給餌や活魚移動などの養殖作業の自動化を図るシステム開発に力を入れている。船外機付きのミニボートに独自の制御コントローラを組み合わせた自律移動式船舶ロボット「Marine Drone(マリンドローン)」を10月に本格発売する計画。魚の群れを微弱な電気刺激で誘導する「生体群制御」技術の確立も目指す。担い手不足や高齢化にあえぐ漁業の現状を打破する突破口になるか注目を集める。




購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る