電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 大樹若手グループ、サクラマス養殖に挑戦

新聞記事

大樹若手グループ、サクラマス養殖に挑戦

2020年08月24日


 大樹漁協の若手漁業者らでつくる「大樹サクラマス養殖事業化研究会」は今年度から大樹町内の旭浜漁港に設けたいけすでサクラマスの養殖に挑戦している。3カ年の実証試験。同漁協が魚類の海面養殖を手掛けるのは初めて。今季は海中の育成が可能かどうか見極める考え。秋サケ定置の不漁が続く中、漁家経営を下支えする新たな漁業の確立に向け、将来的な事業化も視野に入れている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る