電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県アワビ資源復活へ、今季106万個放流

新聞記事

宮城県アワビ資源復活へ、今季106万個放流

2020年06月29日

県が生産した種苗を運ぶ漁業者


 東日本大震災以降、宮城県産エゾアワビの漁獲量は減少傾向が続いている。津波による稚貝流出や放流数減少、餌となるコンブの不足などが複合的に影響しているとみられる。県は種苗生産施設の復旧に伴い、2017年度から県産種苗の放流を再開。資源復活に向け、今季は7月中旬までに約106万個を県内19カ所に放流する計画だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る