電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 白神のタコかご春苦戦、冬場の好漁続かず

新聞記事

白神のタコかご春苦戦、冬場の好漁続かず

2020年04月27日

1尾ずつネットに入れて出荷するタコ(17日、白神漁港鮮魚荷捌所)


 松前さくら漁協白神地区のタコ漁はかごやいさりで操業する。かごの鳴海政樹さんは12~2月にイシダコが好漁に恵まれたが、4月に入って苦戦。浜値も弱含みだ。12~2月の日量が70~80キロ、多いときで100キロ。「イシダコばかりが獲れた。大きなもので3~4キロサイズ」と話す。ただ漁は徐々に下火に。4月17日は20キロ程度。「3月はもう少し獲れていたが、4月に入ってかご入りが悪くなった」と肩を落とす。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る