電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オホーツク毛ガニ中主体の水揚げ

新聞記事

オホーツク毛ガニ中主体の水揚げ

2020年04月13日

ハシリから苦戦を強いられている毛ガニの荷揚げ作業(8日、常呂漁港)


 オホーツク管内中部の毛ガニ漁は、湧別、常呂漁協とも1隻当たり日量100キロ前後の水揚げ。薄漁に加え、沖合に点在する流氷やシケの影響もあり、序盤から苦戦を強いられる展開となった。組成は中主体。浜値はキロ7千円台後半~6千円台後半と高値を付けている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る