電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > FMP社製ワカメ全自動ボイル冷却装置、宮城で導入相次ぐ

新聞記事

FMP社製ワカメ全自動ボイル冷却装置、宮城で導入相次ぐ

2020年04月13日

ワカメの主産地・三陸で導入が進む全自動ボイル冷却装置


 出荷最盛期を迎えた「三陸わかめ」の生産現場で活躍している水産加工機械がある。(株)エフエムピー(静岡市、髙橋博社長)が製造・販売する「ワカメ全自動ボイル冷却装置」だ。全自動による省力・省人化の効果は大きく、2人体制でもボイル加工の処理能力は1時間1.5~2トン。「一度使ったら手放せない」「しっかり炊かれ、仕上がりのむらもない」などとユーザーの評価は高い。壊れにくい頑丈さも魅力で、人手不足や高齢化が進む浜を支えている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る