電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 水研機構のサケ・マスふ化放流は当面現状維持

新聞記事

水研機構のサケ・マスふ化放流は当面現状維持

2020年04月06日


 水産庁と水産研究・教育機構は、同機構が実施するサケ・マスふ化放流事業の方向性について昨年6月から協議してきた関係者による検討会の報告を取りまとめ、3月31日に公表した。当面現状の放流施設・体制を維持し、新たな外部資金を含め財源確保の検討を提言している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る