電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾加工貝、一昨年実績の5割の計画

新聞記事

噴火湾加工貝、一昨年実績の5割の計画

2020年01月27日

昨年の加工貝出荷作業


 噴火湾の今季加工貝(2年貝)出荷計画は、7漁協(いぶり噴火湾・長万部・八雲町・落部・森・砂原・鹿部漁協)合計で約3万3千トンとなった。一昨年実績の約5割に落ち込む試算。6千トン以上の計画はいぶり噴火湾、落部の2漁協のみ。減産した昨年と比べ約1万4千トンの増産計画にとどまり、産地では「耳づり時の成育不良が一要因」とみている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る