電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 水産庁 46種77系群を資源評価

新聞記事

水産庁 46種77系群を資源評価

2019年11月25日


 水産庁は日本周辺水域の資源評価対象魚種(50魚種87系群)のうち、2019年度対象の46魚種77系群について資源調査・評価を行い、15日結果を公表した。77系群の資源水準は高位が18系群、中位が25系群、低位が34系群となった。このうち、TAC対象魚種は高位が1系群、中位が7系群、低位が3系群だった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る