電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > ニチモウ、ギンザケに先進装置

新聞記事

ニチモウ、ギンザケに先進装置

2019年07月01日

電気刺激装置で動きを沈静化し活じめ装置に送る


 宮城県の養殖ギンザケが盛漁期を迎える中、ニチモウは6月22日、グループ生産者の魚の、先進装置による効率的で迅速な水揚げ、出荷に移った。活魚船で生産者のいけすを回って集荷、志津川漁港でフィッシュポンプで陸揚げして電気刺激で沈静化し活じめ装置にかける。氷じめも含め日産20~25トンに上る。




購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る