電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 流通対策 内外情勢に的確対応を

新聞記事

流通対策 内外情勢に的確対応を

2017年07月10日

 秋サケの消流環境は、昨年の生産が平成に入って最少となり、親製品、魚卵製品とも繰越在庫が低水準で新漁期入りする。ただ、高コストでの供給から中国輸出が依然低迷、国内も輸入物との競合で末端の需要が縮小し、消費も減少傾向。消費の回復と国内外の需要確保が引き続き懸案で、北海道の秋サケ業界は本年度、旬期消費を促進する「生鮮対策」、売り場拡大に向けた「国内対策」を拡充。生産回復を見据えた「輸出対策」も推進し、魚価と消流の安定を目指す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る