電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 散布のウニ養殖 大量へい死を回避

新聞記事

散布のウニ養殖 大量へい死を回避

2016年10月03日

 火散布沼で行う散布漁協のウニ養殖は、8月の連続台風を前に初めて取り組んだ大雨対策が奏功、へい死被害を最小限に抑えた。昨秋の大雨で大量へい死した際、被害を免れた沼内奥の試験垂下場所に全てのかごを避難。真水が流入しても低層の塩分濃度は下がらず、狙い通りウニは無事だった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る