電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県漁協石巻湾支所「万石浦アサリ」再び

新聞記事

宮城県漁協石巻湾支所「万石浦アサリ」再び

2016年06月13日

6年ぶりのアサリ採取に笑顔がもれた万石浦の造成干潟

 宮城県漁協石巻湾支所(運営委員長・丹野一雄同県漁協会長)は6日、東日本大震災後初めて万石浦でアサリを採取した。干潟造成した漁場で生息密度が高まったため、間引きとサイズ把握を目的とした試験的なものだが、組合員ら約200人は来季の本格採取に手応えを強めるとともに、自家消費で6年ぶりに「万石浦産アサリ」を味わった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る