電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 東北の担い手育成/都会の若者が組合員に

新聞記事

東北の担い手育成/都会の若者が組合員に

2016年01月01日

 都会からボストンバッグ一つでやって来た若者が、東北の地域に根差して漁協組合員になる――。漁業の担い手不足に歯止めが掛からない中、一方でそうしたこともある。全国の海面漁家で後継者があるのは17%弱(平成25年)、東北では県により10~30%程度。後継者確保のポイントは安定収入だが、居住環境なども重要条件だ。岩手、青森両県の浜で後継者、担い手育成のヒントを探った。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る