電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > コンブ > スペインに続きミラノでも-羅臼PR うま味好評

新聞記事

スペインに続きミラノでも-羅臼PR うま味好評

2015年10月05日

 スペインに続きミラノに――。羅臼漁協の井田一昭昆布漁業部会長らは7月、万博が開かれているミラノを訪問、現地の調理学校で羅臼昆布をPRするとともに、日本料理店を回り活用法などを聞いた。
 ことし1月に訪問したスペインでのPR同様、料理研究家で健康大使・医学博士の服部幸應・服部学園理事長から声が掛かり、調理学校で開かれる和食セミナーへ参加することに。対象は現地の料理関係者。井田部会長が原藻を手に、羅臼昆布の持つうま味や香り高さなどの特長、20工程以上にも及ぶ製品づくりを説明。日本の料理人による昆布じめなど昆布を使った和食も紹介した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る