電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > サロマ湖3単協氷下待網 結氷遅れ足踏み状態

新聞記事

サロマ湖3単協氷下待網 結氷遅れ足踏み状態

2015年02月09日

水揚げされたチカ。結氷状況で漁獲量は大きく左右される(1月27日、栄浦地区)

 サロマ湖の氷下漁は全面結氷の遅れから水揚げが低調だ。3単協(湧別、佐呂間、常呂)のうち4日現在で水揚げしたのは常呂漁協のみ。漁獲量は例年より少なくハシリは高値に付いたが、2月に入り昨年並みの浜値で推移している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る