電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > サンマ会議 運転手の勤務時間規制強化で輸送力低下の影響懸念

新聞記事

サンマ会議 運転手の勤務時間規制強化で輸送力低下の影響懸念

2014年07月07日

サンマ商戦成功に向け、意見を交わした取引懇談会

 今季のサンマ商戦を展望する「全国サンマ・鮮魚大手荷受・荷主取引懇談会」が2日、釧路市で開かれた。一般社団法人道水産物荷主協会(会長・宮崎征伯㈱山十前川商店社長)の主催。国が1月からトラック運転手の勤務時間に関する規制を強化した影響で輸送力が低下し、生サンマを中心に安定供給に支障が生じることを懸念する声が続出。水揚げの安定に加え、運送業界を含めサンマ関係業界全体で円滑な流通体制を確保していくことが商戦の重要課題に上がった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る