電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 日本海スルメイカ 始期なお遅い可能性

新聞記事

日本海スルメイカ 始期なお遅い可能性

2014年06月02日

講演会に集まった200人の漁業者、加工流通業者、研究者、学生ら

 道南スルメイカ漁の開幕を目前に控えた5月29日、函館の北大水産学部で資源評価と予測講演会が開かれた。日本海側の来遊は昨季に続き遅めで漁も低水準。太平洋側は調査を終えておらず予測発表を持ち越したが、近年の根室海峡やオホーツク海沿岸の好漁は親潮勢力と魚群分布量がカギとなりそう。太平洋南下群は近年、渡島半島に寄らず襟裳岬から三陸沿岸に直行し津軽海峡に戻る傾向が強いことが明らかにされた。総合司会は北大大学院水産科学研究院の桜井泰徳特任教授が務めた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る