電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 厚岸アサリ引き合い強く高水準堅持

新聞記事

厚岸アサリ引き合い強く高水準堅持

2022年04月18日

水揚げされた良型のアサリ


 厚岸漁協のアサリ漁は熊本県産の産地偽装問題の影響で引き合いが強まり、2月の浜値は高値でキロ1300円を付けた。4月上旬でも日によっては高値でキロ千円と好値を堅持している。約180軒が着業。昨年9月1日から今年7月15日まで行う。厚岸湖内の造成漁場「アサリ礁」で各漁業者が個別に水揚げや漁場管理を手掛ける。同漁協の担当者によると、高値相場を受け、今季生産量は昨季を大きく上回る約1600トンを見込む。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る