電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手秋サケ3年連続最低

新聞記事

岩手秋サケ3年連続最低

2022年04月11日


 岩手県の2021年度秋サケ漁は3年連続で過去最低を更新することが確定した。県の漁獲速報(最終)によると、河川捕獲などを含めた2月28日現在の回帰実績は13万9403尾(前年同期比76%減)、413トン(同)。人工ふ化放流事業が本格化した1984年度以降、千トン割れは初。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る