電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城、北限のしらす需要増す

新聞記事

宮城、北限のしらす需要増す

2021年07月19日

閖上漁港に水揚げされたしらす(7月13日)


 宮城県で今季のしらす漁が始まった。国内で最北となる閖上以南の県沖での本格的な漁は5シーズン目。水揚げ主要地の閖上漁港近くに漁場や加工場があるため、鮮度が保たれるのが特長で、地元水産業界は「北限のしらす」として特産化に取り組む。県内の食品スーパーや量販店の関心は年々高まっており、年間を通して安定的に供給できる体制づくりが求められている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る