電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 石巻の大森式流通、神経じめでうま味アップ。魚価向上へ科学的に証明

新聞記事

石巻の大森式流通、神経じめでうま味アップ。魚価向上へ科学的に証明

2021年04月12日


 鮮魚卸の大森式流通(宮城県石巻市、代表・大森圭株式会社 ダイスイ社長)が神経じめした魚は、野じめ処理の物に比べてイノシン酸が30倍近く含まれるなど、うま味成分に優れていることが分かった。数値化することで「おいしさ」を科学的に証明した大森代表は「手間はかかるが、処理一つで高く売れるようになったら漁業の未来は変わるはず」と意気込みを新たにする。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る