電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手大など、サクラマス海面養殖へ

新聞記事

岩手大など、サクラマス海面養殖へ

2020年10月19日


 秋サケの記録的な不漁が続き、岩手県内でサケ・マス類の海面養殖試験に乗り出す動きが相次ぐ中、今度は釜石市でサクラマスの試験が始まる。釜石湾で稚魚から飼育や越夏試験を行い、陸上では種苗開発に挑戦する海面・内水面一体のプロジェクト。岩手大学が主導し、海面いけすへの稚魚投入は11月の計画だ。高速大容量の第5世代移動通信システム(5G)も活用し、事業化の可能性を見極める。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る