電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城秋サケ刺網解禁、南三陸初日0.6トン

新聞記事

宮城秋サケ刺網解禁、南三陸初日0.6トン

2020年10月05日

刺網漁が始まり、水揚げされる秋サケ


 宮城県で秋サケの刺網漁が始まり、南三陸町の町地方卸売市場に9月28日、初水揚げがあった。志津川湾沖などで操業した17隻が接岸。水揚量は616キロで、昨年の4割以下にとどまった。10月下旬にかけて最盛期を迎えるが、来遊予測も低調で厳しい状況が続きそうだ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る