電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道東沖サンマ、群れ近づく気配なし

新聞記事

道東沖サンマ、群れ近づく気配なし

2020年09月28日

サンマの荷揚げ。組成も小型(23日、花咲港)


 道東沖のサンマ漁は9月下旬に入っても漁獲が伸びず、記録的不漁だった昨季を下回る漁況が続いている。根室・花咲港を拠点とする着業船は操業1回当たりの水揚げが平均で1桁のトン数にとどまっている。漁場も遠く、同港で荷揚げする漁業者は「漁場がロシア水域や日本水域に近づく気配は乏しい。水揚量も不漁だった昨年に増して少ない」と表情を曇らせる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る