電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手のウニ 餌海藻増え色好転

新聞記事

岩手のウニ 餌海藻増え色好転

2019年05月27日

初開口となった大船渡湾の出荷(21日、赤崎)


 岩手県のウニが今季、期待できそうだ。6月から本格化に向かう。先行する現品入札はハシリから色が良く、コンブなど餌となる海藻の繁茂に3年ぶりに恵まれた様子。昨シーズンまで2年高騰した価格は、現品入札は10万円超え(むき身10キロ値)が多いがやや落ち着き、期間入札は9万8200~8万8000円(シロ)と昨季並みでスタート。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る