電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オ海3単協、本操業区で始動

新聞記事

オ海3単協、本操業区で始動

2021年05月03日

ホタテの荷揚げ作業(3月)


 オホーツク海沿岸の漁場造成は、おおむね順調に進み、4月末水揚量は前年並みの3万1400トンとなった。例年より低い歩留まりは7~8%と上昇傾向で、関係者はさらなる向上に期待を寄せる。一方、3単協が今年の本操業海区でも水揚げを開始した。漁場造成と並行している宗谷は日産250~300トン、同じく猿払村は200トン前後、本格操業に移った網走は100トン。他漁協も5月中旬以降順次スタートする。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る